作業療法士の役割とは

  • 作業療法士とは、身体的、精神的な障害により日常生活に支障をきたしてしまう方が、快適に暮らしていけるように、 日常生活を想定した動作を用いてリハビリテーションの手伝いをすることが役割であり、 身体障害、精神障害、小児の発達障害、高齢者の障害等、いろいろなリハビリテーションの現場で活躍しています。 作業療法士の取得方法は、一般的に、国が指定した専門学校にて必須科目を全て修了した後、 作業療法士国家試験に合格しなければいけません。
  • この国家資格を取得すれば、様々な医療現場、福祉機関へ就職することができ、作業療法士として生涯働くことが可能です。 知名度はまだ高くなく、その数も少ないですが、今後リハビリテーションの現場の需要の変化によっては、 重要性が高まる可能性もあります。
  • これからますます作業療法士の活躍の場は広がるとされていますので、更に社会で求められる国家資格になるかもしれません。 困っている人の手助けになる仕事がしてみたいという方、就職がしやすく、ずっと続けることができる職を探しているという方は、 まだ数が少ないということは、就職に有利に働くこともありますので、 興味がある方は専門学校について調べてみることをお勧めします。