作業療法士について

  • 作業療法士という名前をご存知でしょうか。 また、その役割について詳しく説明できる方は、その分野でお仕事をされている方か、利用者に限られるかと思います。 作業療法士とは、国家免許を必要とし、全国の病院等、 リハビリテーションを行う施設にて作業療法を行う資格を持った人を意味しています。 英語では「Occupational Therapist」であり、OTとも呼ばれることがあります。
  • 作業療法士の専門は、リハビリテーションの中でも身体的(関節を動かしたり、筋肉の発達を促す訓練を行うもの)、 精神的(考え方を変える、ストレスを発散させる等のアプローチを行うもの)リハビリテーションがあり、どちらにしても、 患者一人一人に向き合い、個人に合った方法を考えて行うことで、身体機能に問題がある方を社会復帰へと導きます。 その訓練とは、日常的な動作や活動を通して行っていくものが中心になります。
  • 料理の動作や、書道、将棋、クラフト、ガーデニング、体操のような趣味の一貫として行う動作を上手に取り入れています。 これらの動作を行うことで、身体に適度な負荷をかけ、身体や指の動きをなめらかにしたり、 精神的にもリラックスさせる効果をもたらします。 作業療法士は、医師と患者の方と相談しながら、それぞれに適したプログラムを考えることが求められます。 健康であれば何気なく行っている行為を、どのようにリハビリテーションに取り入れるか、 そこに着目しながら考えることが大切な仕事ですが、その役割についてより詳しく説明します。

  • 《作業療法士関連サイト》
    作業療法士の方々が働く施設は様々です。こちらの専門学校は多くの卒業生を輩出しており、作業療法士として卒業した方々がどのように活躍しているのか紹介されています。具体的な役割や仕事内容も掲載されていますので、ぜひお役立てください ・・・ 作業療法士